爪水虫、治療するのに費用はどれくらいかかるの?

爪水虫を治療するのにかかる費用は以外と高いんです。

 

これは長期間の通院や薬代などが蓄積されるからなのですが、実は完治も難しい爪水虫。

 

本当に治ったかどうか、確認するのに早くて半年以上はかかります。

 

長ければ1年は経過観察しなければならず、白癬菌との長期戦となります。

 

完治したー!と思っていても1年後にあっという間に再発するケースもたくさんあり、ガッカリする人も多い爪水虫。

 

治療法は、塗り薬、飲み薬、レーザー治療があります。

 

このレーザー治療は保険が適用されないので費用が他の治療法よりも高く、5万円前後かかると言われています。
それでも完治率は70%程度。

 

一番メジャーな治療法の飲み薬も、トータルでかかる費用は3万円ほど。こちらも完治率は70%程度なんです。

 

再発すればまた同じ費用を払わなければいけません。
どうにか1回の治療で一気に完治させたい!そう思う人にオススメなのが、飲み薬+塗る爪水虫ケアです。

 

飲み薬と塗り薬を併用する必要はありません。
どちらも薬なので副作用のリスクも上がるし、なかなか現実的ではないのですが、塗る方には薬を使わずにケアする方法が選べるんです。

 

それが今話題のクリアネイルショット!
爪水虫で硬くなった爪にもしっかり有用成分が浸透してくれるので、これだけでも効果があると言われているクリアネイルショット。

 

でも、完治を目指すなら飲み薬と併用するのがベストだと思います。

 

中からと外から、同時にケアする事で完治率は上がるはず♪
クリアネイルショットには返金保証がついているので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

爪水虫はレーザーで治すべき?レーザー治療の落とし穴

 

爪水虫に悩む人にとって、治療法はさらに悩みの種となるもの。爪水虫の治療法は飲み薬、塗り薬、レーザー治療があります。

 

今回はそのレーザー治療についてご紹介します。

 

 

★レーザー治療のメリット、デメリット。

 

レーザー治療のメリットとしては、副作用が起こりにくいので誰でも受ける事が出来る。これが一番だと思います。

 

爪水虫に効果のある飲み薬は、肝臓機能障害、血液疾患などの副作用が起こる事があり、定期的に血液検査が必要になったりするんです。
レーザー治療は1回の施術が10分?20分と短く、薬を内服する必要もないので飲み忘れなどの心配もありません。

 

でもデメリットはもちろんあります。
それは費用が高額になりがちなこと。爪水虫のレーザー治療は保険が適用されないので自費となります。
1回で治療が終わるわけではなく、月に1回、6ヶ月?10ヶ月ほどは通わなくてはいけません。

 

その為、最終的に費用は5万円程度かかってしまう事が多く、治療が楽なメリットと引き換えに金銭面での負担は他の治療法と比べても大きくなります。

 

そして、効果は高いものの100%完治する!という治療法ではありません。

 

自分に合った爪水虫の治療法を選ぶ事が大切です。

 

★他の治療法はある?

 

爪水虫治療として、「病院に通わない」という選択肢ももちろんあります。

 

クリアネイルショットなど、薬以外でも爪水虫に効果があるものは販売されているので、それを使って自宅ケアをする方法を取る人も多いです。

 

何はともあれ、放置してはいけない爪水虫。治療に時間がかかるものなので、自分にとって継続しやすい方法を探してくださいね♪